白蟻が寄り付きやすい?空き家が被害を受ける理由

木造は要注意!白蟻被害が多い空き家の実態 木造は要注意!白蟻被害が多い空き家の実態

白蟻被害から空き家を守りたいなら~奴らの生態を把握することが重要~

白蟻被害から空き家を守るために意識したいチェックポイント、心掛けをまとめました。空き家には白蟻被害を招く原因がたくさんあって、放置するのはリスクがあります。白蟻の生態を意識した対策で、所有不動産を守りましょう。

空き家には白蟻が好む条件がそろい踏み

空き家は湿気が高い
人が住まなくなった家屋の内部は空気が循環しないので、湿気がこもってしまいます。湿度が高い環境は白蟻にとって心地良く、格好の住み処となります。カビが生えやすくなって木材が腐り、腐った木材が白蟻のエサになることも被害を更に広げます。古くなった家財などを放置している空き家はよりリスクが高く、白蟻にねらわれやすい環境になるでしょう。
空き家は通常の家とは違い水道管が乾燥している
空き家の水道管は乾燥した状態になって、白蟻の通り道に変わります。下水管伝いに白蟻が上がってきて室内に侵入、内部の木材をエサとして繁殖します。人が住んでいたときはきれいな水が通っているため問題なくても、空き家になったら危険です。使わなくなった水道管の近くに白蟻被害が目立つ場合は、侵入経路の候補として疑いましょう。
空き家の建材や家具が腐敗している
湿度が高い環境に放置された建材や家具などは、どんどん腐敗して朽ち果てていきます。木材腐朽菌が、増えていくと急速にダメージが広がって、空き家の耐久性を弱めます。腐敗した建材や家具などをエサにして白蟻が増えると、さらに状態は深刻です。構造部までダメージが広がると倒壊の恐れもあるので、早めの対処が不可欠です。

白蟻の侵入経路も把握しておこう

白蟻の主な侵入経路は床下なので、ダメージがひどくなるまで気付きません。毎日生活している家屋でも侵入に気付かないことが多く、空き家だとなおさら症状が悪化する可能性があります。業者に依頼すれば考えうる侵入経路をくまなくチェックしてくれるので、深刻化する前に気付きます。自分の住まいではないからと放置しないで、定期的なメンテナンスを考えましょう。

TOPボタン